toggle

【10月20日(日)募集終了】実りの秋に感謝して 稲刈りと懸税(かけぢから)作り

今年2度目となった、大好評のいとよしの田んぼ。
農家さんと一緒に6月に田植え、8月に草取りとかかし作り、そして10月ついに収穫を迎えます!

今回、田植えからご参加の方に加えて、稲刈りコースのお申し込みを受け付けいたします。
少数ですので、早い者勝ちです!

ワークショップを申し込む


まずは、近くの天満宮にお参りしてから。谷保天満宮はとても気持ちのいい場所で、チャボがお出迎えしてくれます。
田んぼへの道も田園風景が広がり、のんびりしています。

自然が豊かな谷保天満宮


農家さんの説明を聞いたら、みんなで力を合わせて稲を刈っていきます。
刈った稲を束ねたら、はざかけにして干して。
最近だと市販のお米は機械で乾燥するものが多いそうです。
いとよしのお米は無農薬で作っていますので、お日さまの力で贅沢に2週間ほど自然乾燥させ、精米します。

作業の最後は、お米を無駄にしないよう落ち穂拾い。ミレーの絵で有名ですが、稲でも行うんですよ。

ザクザクとした感触が気持ちいい、稲刈り
落ちた稲穂を拾う、落ち穂拾い。大事にいただきます

そのあと、いとよしならではの行事にふれる企画として、一人ずつ稲穂を使った懸税(かけぢから)を作り、収穫に感謝しお供えしたいと思います。おなじみ高橋久子先生や農家さんにもお話を聞かせていただきます。
田んぼのあとは、秋のお野菜の収穫もしていただく予定ですので、お楽しみに。

昨年一人ずつ作った、懸税(かけぢから)。稲穂が美しいです
畑の野菜収穫も、いつも大きなお楽しみ

田んぼで無農薬で育てた「キヌヒカリ」は、ご参加のみなさんにもお渡しします(後日配送)。
お米は大人1名あたり2kgの予定ですが、自然相手ですので収穫量も多少前後してしまうことはご了承ください。

小学生以下のお子さんも参加OKです。秋空の下、一緒に気持ちよく体を動かしましょう!

ワークショップを申し込む

【日時】
10月20日(日) ※雨天の場合は、10月26日(土)

【場所】
東京都国立市 最寄り駅:JR南武線 谷保駅

【スケジュール】
谷保駅集合(10:00)→谷保天満宮→稲刈り&懸税(かけぢから)作り→ランチタイム→野菜の収穫体験や散策→現地解散(14:00予定)

【参加費】
●稲刈り1dayコース:
 大人 6,600円(税込)※ランチ弁当&お茶・お米2kg・お米配送料・野菜収穫料・保険料込み
 子ども2,750円(税込)※ランチ弁当&お茶・保険料込み

・小学生未満のお子さんは参加無料(ランチ・保険はつきません)

※2019年10月より、消費税10%を含む金額となりました

【募集人数】大人3名(お子さんは何名でも可能)

※詳しくはお問い合わせください。

ワークショップを申し込む

関連記事