toggle

【10月11日(日)満席御礼】稲刈りと懸税(かけぢから)作り

※満席となったため、募集は締め切りました

コロナ禍により、田植えからスタッフで運営してきた今年の田んぼですが、稲刈りは、みなさんと行うことになりました。
感染拡大防止に配慮しながらではありますが、楽しく秋の実りを収穫できたらと思います。

ワークショップを申し込む

駅に集まって、まずは近くの谷保天満宮にご挨拶。とても気持ちのいい場所で、チャボがお出迎えしてくれます。田園風景が広がる道を田んぼまで歩きます。
夏に立てたカカシのアマビエ姉弟が、出迎えてくれるはず!

田んぼでは農家さんの説明を聞き、密を避けつつ稲刈り。ザクザクと気持ちよく刈っていきます。お米を無駄にしないよう落ち穂拾いも。ミレーの絵で有名ですが、稲でも行うんですよ。刈った稲は束ねて、はざかけにして干します。

最近は、市販のお米は機械で乾燥するものが多いそうですが、贅沢に天日干し。
無農薬で作ったお米は、お日さまの力で2週間ほど自然乾燥させ、精米します。

そのあと、いとよしならではの行事にふれる企画として、一人ずつ稲穂を使った懸税(かけぢから)を作り、収穫に感謝しお供えしたいと思います。
田んぼのあとは、秋のお野菜の収穫もしていただく予定ですので、お楽しみに。

懸税は、本来は神社に奉納しますが、いとよしでは田んぼの神様に感謝してお供えします

田んぼで無農薬で育てた「キヌヒカリ」は、ご参加のみなさんにも2kgずつお渡しします(後日配送)。

小学生以下のお子さんも参加OKです。秋空の下、ソーシャルディスタンスを取りつつではありますが、一緒に気持ちよく体を動かしましょう!

ワークショップを申し込む

【日時】
10月11日(日) ※雨天の場合は、10月18日(日)

【場所】
東京都国立市 最寄り駅:JR南武線 谷保駅

【スケジュール】
谷保駅集合(9:50)→谷保天満宮→稲刈り&懸税(かけぢから)作り→野菜の収穫体験→さとのいえで、お弁当を渡して現地解散(13:00予定)
※さとのいえは、緑の多い公園や休憩所のある施設です

【参加費】
大人 6,600円(税込)※お弁当・お米2kg・お米配送料・野菜収穫料・保険料込み
子ども2,750円(税込)※お弁当・保険料込み

・小学生未満のお子さんは参加無料(お弁当・保険はつきません)

【参加にあたっての注意】
・当日は、マスクをご着用ください。
・当日朝検温し37.5℃以上の発熱がある方、咳など風邪の症状がある方、体調の優れない方は、イベントへの参加をご遠慮ください。
・同居家族や保護者の職場、学校などで新型コロナウィルス感染症の感染者、もしくは感染の可能性のある方が、身近にいる参加者は参加をご遠慮ください。
・参加者同士、2m以上の確保の上ご参加ください。
・マスク着用により熱中症リスクが高まります。適宜マスクを外したり、水分補給をこまめに行うなど、各自で対策をお願いします。
・会場に消毒用アルコールを設置いたしますので、ご利用ください。

ワークショップを申し込む

関連記事