toggle

【10月8日】寒露になりましたよ〜

二十四節気では、秋分に代わって「寒露(かんろ)」が今日から始まりました。

文字だけ見ると寒そうですが、秋らしさが実感できる頃です。

草花についた朝露が凍る一歩手前の時期、ということですが
農作物の収穫が最盛期を迎えたり(美味しいものいっぱい!)
空気が澄んで夜空が美しかったり(十三夜のお月見も!)
葉が色づいてきたり(紅葉が楽しみ!)と
秋のいいところがどどっとやってきます。

お天気も安定しているので、晴れる日も多く過ごしやすい季節。
そういえば、昔の10月10日の体育の日はいつも晴れていた気がします。

今年は10月21日(日)が、十三夜。
別名「栗名月」「豆名月」と呼ばれます。
栗ごはんなどをいただきながら
満月になる前の、少しだけ欠けた月を愛でる日本人の美意識を思って
空を見上げてみるのも素敵です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です