toggle

【11月23日(月・祝)】お米好き集まれ!新嘗とおむすび(オンラインイベント)

いとよしの田んぼ、今年も無事稲刈りを終えました。お米の収穫を祝う新嘗祭(にいなめさい)をもって、今年のお米作りを締めたい!ということで、今年はオンラインで新嘗祭(にいなめさい)とおむすびの会を開催します。

イベントに申し込む

11月23日は、勤労感謝の日ですが、新嘗祭(にいなめさい)の日でもあります。新嘗祭というと、なんだかよくわからない、難しそう、と自分とは関係ないと思われるかもしれません。
ですが、お米など五穀の収穫をお祝いする大切な日。お米が主食の日本人には、深いつながりのある行事です。お米が好きな人には、是非知っていただきたい!

はじめに室礼研究家の高橋久子先生から、お米や新嘗祭について伺います。先生のお話はわかりやすく、お人柄と相まってファンの方も多いのです。
次は新米を美味しくいただくための、おむすび作りのデモンストレーション。先生は、昨年大好評だったtetotetoさんです。おむすびで人を癒し続けてきた故・佐藤初女さんに作り方を習い、そのエッセンスが薄まらないよう丁寧に伝える、おむすびの作り方は、常識を覆すようなポイントがいくつも!
最後に、稲穂を使った新嘗祭のしつらいをデモンストレーションします。
ご希望の方には、同じセットを事前にお送りしますので、一緒にしつらいをしましょう。とても簡単なものですので、どなたでもできます。

お米を味わい尽くす90分のイベント。どうぞお楽しみに!

講師:高橋久子(室礼研究家)

造園を学び、環境保全や里山文化の伝承に携わるうち、自然と共生し感謝する日本の伝統行事に魅せられる。「室礼三千」で室礼を学び、「月の会」で旧暦を学ぶ。現在はいとよしなど様々な場で、室礼を伝える活動を行っている。
講師:tetoteto
みぞぐちゆうこと、いのうえゆみこの料理ユニット。 ママ友だった2人がtetotetoを結成し、 おいしいものを作り食べる会を開きながら お菓子やパンでワンデーカフェやイベントに参加。 2014年、日本のマザーテレサといわれた故・佐藤初女さんにおむすびを教わる。 お米に向きあう姿、そのおいしさに感動し、 初女さんのおむすびを伝えたい!と「おむすびの会」を始動。 食べることをまんなかにおいて、人と人が出会い、 心を分かち合える場づくりを目指している。

イベントに申し込む

募集概要

日時:11月23日(月・祝) 11:00〜12:30終了予定

内容:
第1部「新嘗祭(にいなめさい)のお話」(高橋久子・室礼研究家)
第2部 元気がでる、佐藤初女さんのおむすび作り実演(tetoteto・お料理ユニット)
第3部:新嘗のしつらいデモンストレーション(高橋久子)

参加費:
●視聴+新嘗のしつらいセット 6,600円(送料・税込)
・・・稲穂・掛け板・柿・赤米など、しつらい一式を事前送付
●視聴のみ 3,300円(税込)
●視聴+おむすびセット 6,600円(送料・税込)
・・・tetotetoさんの使用する、いとよしの新米2kg・海苔・梅干し・塩を送付(イベント後、お楽しみください)
●視聴+新嘗のしつらい+おむすび 9,900円(送料・税込)

その他:
・イベントの内容を録画します。終了後に、参加者限定で公開いたします。個人での録画、内容の二次使用、無断転載はお断りいたします。
・申し込みは、事前振込の入金の確認を持って完了となります。ご入金後のキャンセルは受け付けておりません。

イベントに申し込む

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です