toggle

【9月11日】海を渡った月餅

昨日の夜、相方が仕事の取引先の方からいただいた、と一つの箱を差し出しました。
白地に金箔の英文字のおしゃれな箱。
なんだろう、チョコレート?焼き菓子?
と思ったら、そうです。タイトルの通り、月餅でした。

そこで、ピンと来たんですね。
13日は十五夜。
日本は月見だんごですけど、中国では月餅なんです。
満月に見立てた月餅を贈ったり、十五夜の日に食べる習慣があると聞いていました。

聞いたら、やはり取引先の方は中国の方だとか。
やった!と、クイズに正解したかのような喜びがこみ上げてきました。

やはり、月餅は十五夜には欠かせないんですって。
調べたら、豊作を祝う収穫祭の意味だけでなく、家庭の円満を願って家族で食べたりするそうです。

そのあたり、国の違いが出ていて面白いですね。
十五夜は中国から渡ってきた行事ですが、家族の絆のような意味合いは日本ではあまり馴染みがないですし。

と言いつつ、実は月餅を受け取った直後に、夫婦喧嘩が勃発しました。笑
家庭円満を願って、明後日一緒に食べることにしようかなぁ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です